2013年12月10日

病院カーテンの循環型リサイクルシステムを拡大展開

キングラン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原 達也)と帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:竹中 哲嗣)は、共同で展開している病院カーテンの循環型リサイクルシステム「KGリサイクルシステム」の取り組みを拡大展開することとしました。

KGリサイクルシステム フロー図

「KGリサイクルシステム」は、2011年1月に両社が共同により展開を開始した、病院・福祉施設向けを中心とするカーテンのリサイクルシステムで、帝人が展開するポリエステル製品の循環型リサイクルシステム「エコサークル」を活用しています。
キングランが、リサイクル可能なカーテンのリース・販売、および使用後に不要となったカーテンの回収を行い、帝人フロンティアが、回収されたカーテンをポリエステル繊維などに再生しています。
こうした中、キングランはこれまで以上に環境負荷低減に貢献していくことを目指し、医療・福祉施設向けのカーテンカタログに掲載する全てのカーテン生地を、改正グリーン購入法に対応したリサイクル対応商品へと全面的に変更しました。そして、これにより「KGリサイクルシステム」のさらなる稼働率の向上を図ることとしました。
今後、こうした取り組みにより、2013年度は関東地区を中心に約10トン、2014年度は関西・九州地区を加えて約20トン、2015年度にはキングラングループが取り扱う全てのカーテン(約400トン)をリサイクルする計画です。

当件に関するお問い合わせ先
キングラン株式会社  商品部(広報担当) 03-5296-3072
帝人株式会社  コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。