2014年2月26日

ポリカーボネート樹脂の価格改定について

帝人株式会社は、このたび、ポリカーボネート樹脂の販売価格を下記のとおり改定することといたしました。

1.価格改定の背景
(1) 当社のポリカーボネート樹脂の主原料であるビスフェノールAの価格は、粗原料であるベンゼンの価格高騰の影響を受け、当初の想定を超えて上昇しています。
(2) また、原油価格の高騰に伴い、添加剤などの価格上昇および工場動力費などのユーティリティコストも、大幅に上昇しています。
(3) これらのコスト上昇は、当社の合理化努力で吸収し得る範囲を超えるものであり、このたび、やむなく製品価格を改定することとしたものです。

2.価格改定の内容
(1)対象製品:
・樹脂
「パンライト」(ポリカーボネート樹脂)
「マルチロン」(ポリカーボネート系アロイ樹脂)
・樹脂加工製品
「パンライト」シート(ポリカーボネート樹脂シート)
「パンライト」フィルム(ポリカーボネート樹脂フィルム)

(2)改定内容:

  国内 海外
「パンライト」 40円/kg以上 0.40USD/kg以上
「マルチロン」 45円/kg以上 0.45USD/kg以上
「パンライト」シート 50円/kg以上 -
「パンライト」フィルム 50円/kg以上 -

(3)改定時期: 2014年3月17日出荷分より

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社  コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

関連リンク