2014年4月17日

アジア最大のプラスチック見本市

「チャイナプラス2014」に出展します!

帝人グループは、4月23日(水)~26日(土)に上海新国際博覧中心(中国・上海市)で開催されるアジア最大のプラスチック見本市「チャイナプラス2014」に出展します。(ブース番号:N1G41)

帝人グループは、中長期経営ビジョンで掲げる「地域ポートフォリオ変革」として、重点地域である中国をはじめとするアジア・新興国において業容拡大を図っています。こうした中、15回目の出展となる今回は、「モビリティ」「情報・エレクトロニクス」「環境・エネルギー」といった中長期経営ビジョンにおける注力分野を中心に、樹脂やフィルム、高機能繊維など、帝人グループの様々な素材を“One Teijin”として紹介することで、「地域ポートフォリオ変革」のさらなる推進・加速を図ります。

【主な展示内容】

モビリティ分野 ポリカーボネート(PC)樹脂「パンライト」製の樹脂窓を紹介します。ガラスより軽量であることに加え、歪みが少なく、高い視認性を有するという特長を活かし、米国・ニューヨーク市のタクシー「イエローキャブ」のパーティションウィンドウをはじめ、世界中の様々な自動車の樹脂窓に採用されています。
また、世界トップシェアのパラ系アラミド繊維「トワロン」「テクノーラ」を使用した自動車部品も紹介します。
情報・エレクトロニクス分野 PC樹脂の光拡散グレードを紹介します。近年のLED照明の軽量化・高出力化・高輝度化に伴い、ニーズの高まる安全性向上や難燃規格に対応したもので、世界最高水準の難燃性や光線透過率、光拡散性を実現しています。
環境・エネルギー分野 自動車部品・エレクトロニクス材料など、幅広い用途への活用が期待できるバイオプラスチック「バイオフロント」「PLANEXT」、めっきレス・塗装レスで金属光沢感を実現するポリエステルフィルム「テフレックス」、高品質のリサイクルポリエステル繊維「エコペットプラス」などを紹介します。

 

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。