2014年6月 3日

「第38回日化協安全表彰」で安全優秀賞を受賞!

帝人デュポンフィルム株式会社岐阜事業所(岐阜県安八郡)は、このたび、一般社団法人日本化学工業協会が実施する「第38回日化協安全表彰」において、「安全優秀賞」を受賞しました。帝人グループが安全表彰を受けるのは、今回で16回目となります。

この表彰は1977年に創設されたもので、化学業界における自主的な保安・安全衛生の一環として、優れた安全活動を実施し、業界の規範となっている事業所を毎年表彰しています。

このたびの受賞は、帝人デュポンフィルム岐阜事業所が、「日々起承転結活動*1」や「先取り災害対策報告活動*2」といった独自の安全活動などに、生産工場・研究開発あわせて約400名の従業員が一体となって取り組んだ結果、550万時間を超えて無災害時間記録を継続していることが評価されたものです。
*1「日々起承転結活動」:毎日、安全のPDCAを行う活動
*2「先取り災害対策報告活動」:仮想災害に対して災害報告を作成することで、危険予知力や感度を高めるための活動。

帝人グループは、これまでも防災対策専門チームを組織し、国内外で防災教育・対策を実施するなど、様々な安全・防災管理活動に取り組んでいますが、このたびの受賞を契機として、より一層の事故・災害の防止に努めていきます。

なお、このたびの受賞に伴い、5月29日にパレスホテル東京(東京都千代田区)にて表彰式が行われ、日本化学工業協会会長より表彰状・表彰楯が授与されました。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。