2014年6月 3日

中国化繊協会より「特別貢献賞」を受賞!

帝人株式会社の会長である大八木成男が、このたび中国化学繊維協会より「特別貢献賞」を受賞しました。当受賞は、中国における化学繊維産業の発展に著しく貢献したことが認められたことによるものです。同協会が「特別貢献賞」を授与するのは初めてのこととなります。

受賞の様子 「特別貢献賞」盾

帝人グループは、日中国交正常化直後の1973年1月に友好企業に認定された後、1974年に上海、1976年の天津へポリエステルのプラントを輸出したのを皮切りに、早期に中国市場への進出を果たし、改革開放後の1994年3月には南通市に南通帝人有限公司を設立して今日まで業容を拡大してきました。近年では、2012年3月に中国化学繊維工業協会と、中国繊維産業の高度化と帝人グループの繊維事業の発展に向けた相互連携について基本合意し、これに基づき、浙江省紹興市にポリエステルのケミカルリサイクル繊維の製造・販売を行う浙江佳人新材料有限公司を設立して、本年中には稼働予定で、さらに本年4月には、南通帝人の敷地内に原糸やテキスタイルの商品開発拠点として、「帝人(中国)商品開発センター」を開設しています。

帝人グループは、中国を中長期の成長戦略における最重要市場の1つと位置づけており、生産・開発拠点の拡大、現地企業との戦略的アライアンス、環境ビジネスの推進などにより、事業拡大を推進していくこととしています。今後も帝人グループは、中国の化学繊維産業の発展に寄与するとともに、中国における化学繊維産業発展のパイオニアとして、中国化学繊維協会との友好関係を通じて、さらに事業拡大を推進していきます。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。