2014年6月13日

第1回「震災対策技術展」大阪に出展します

帝人グループは、6月17日~18日に大阪のコングレコンベンションセンター(大阪市北区 グランフロント大阪内)で開催される第1回「震災対策技術展」大阪に出展します。
「震災対策技術展」は、大規模な被害をもたらす自然災害の脅威に対し、減災社会の構築を目的として開催される展示会で、今回は約8,000人の来場が見込まれています。
帝人グループは、このたびの出展を通じ、減災社会の構築に資する震災対策製品を提案し、新規顧客の開拓、およびテイジンブランドの価値向上を目指します。

【 主な展示内容 】

・ 超軽量天井材「かるてん」
帝人のポリエステル製タテ型不織布「V-Lap」に不燃加工を施したもので、従来の天井材に比べて柔らかく、重さが約10分の1と軽量です。これを建築構造物の吊り天井の仕上げ材として使用することにより、万一、震災時に天井が落下した場合にも、安全確保に大きく寄与することが期待されます。

・超軽量大型仮設テント「エアロシェルター」
帝人フロンティアが展開する、大型かつ超軽量で、短時間で設営でき、コンパクトサイズでの収納が可能な仮設テントです。既に防災対策用品として高い評価を受けており、災害時の仮設テントや非常用テント、避難用シェルターなどとして広く使用されています。

・超軽量防煙垂れ壁
透明不燃塩ビシートを用いることにより、従来のガラス板の防炎垂れ壁に比べて大幅な軽量化を実現。災害時にも割れや飛散がないため、安全・安心です。また、全光線透過率が90%以上に及ぶことから、ガラス板と同様に、天井への設置が違和感なくスッキリとした仕上がりとなります。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。