2014年9月 3日

アラミド繊維「トワロン®」が 深部採掘作業において20%の省エネに貢献

テイジン・アラミドB.V.(オランダ・アーネム市)が 製造・販売するパラ系アラミド繊維「トワロン」が、深部採掘作業においてCO2排出量を年間100,000トン以上削減し、20%の省エネルギーに貢献しています。

従来、深部採掘には鋼ワイヤー製の巻上ロープが使用されていますが、これを「トワロン」製のものに置き換えることにより、費用面および持続可能性の面において効果があることが、テイジンアラミド独自の算定モデルで確認されています。

2000mを越える深さでの採掘作業においては、鋼製ロープの巻き上げに際しての重量によるエネルギー消費量が大きな問題となっています。これに対し、「トワロン」製ロープは、同じ直径の鋼製ロープと同程度の強度を持ちながら、重さがわずか20%程度であることから、少ないエネルギーでの巻き上げが可能となり、これによりCO2排出量や作業費用を削減することができます。また、潤滑油が不要となるため、維持費の低減にも貢献することができます。

こうした価値が確認されたことにより、テイジン・アラミドと、カナダ政府やカナダの複数の鉱山、米国のロープ製造会社、およびカナダの機械工学系コンサルタント会社の間でコンソーシアムが設立され、現在、鋼ワイヤー製のロープと「トワロン」製のロープを比較した事例研究が重ねられています。当コンソーシアムでは、こうした「トワロン」の特性や、それによりもたらされる価値をさらに展開すべく、2014年中に行われる次段階の研究に向けて、軽量巻き上げローププロジェクトに関心がある各社の参加を呼び掛けています。


【参考】帝人のアラミド繊維について
アラミド繊維は、一般的に高強力、耐熱性、寸法安定性、耐薬品性などの特性を持つ高機能繊維の1つで、パラ系とメタ系の2種類に大別される。帝人グループは、この異なる2種類のアラミド繊維を事業化している世界屈指のメーカー。パラ系アラミド繊維は、特に強度、防弾・防刃性などに優れ、主として防護衣料、自動車のブレーキパッドなどの摩擦材やタイヤの補強材、光ファイバーケーブルの補強材などに使用されており、年率7~9%の市場成長が見込まれている。帝人グループは、オランダで生産する「トワロン」と、日本で生産する「テクノーラ」で世界市場の約2分の1を占める。メタ系アラミド繊維「コーネックス」は、長期耐熱性や難燃性に優れ、消防服などのユニフォームや耐熱フィルターをはじめとする産業資材に使用されている。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。