2014年10月10日

「テイジン未来動物図鑑」シリーズの新テレビCM『みんなのそばに ヘルスケアザラシ』編の放映を開始

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:鈴木 純)は、企業広告「テイジン未来動物図鑑」シリーズの新しいテレビCMとして、『みんなのそばに ヘルスケアザラシ』編を制作しました。10月16日(木)より放映を開始します。
新テレビCM『みんなのそばに ヘルスケアザラシ』編では、帝人グループが展開する医薬品事業と在宅医療事業をモチーフにした『ヘルスケアザラシ』を通じて、帝人グループがヘルスケア事業に力を入れていること、ヘルスケア事業を通じて人々の「Quality of Life」の向上に貢献していくことを、印象的な写真、音楽とともにアピールしていきます。

1.「テイジン未来動物図鑑」について
「テイジン未来動物図鑑」は、「んなことあるかも?テイジン」をキャッチフレーズに、帝人グループの製品やサービスをモチーフにした架空の未来動物を通して事業内容を紹介するシリーズ広告です。当シリーズは、2008年9月よりテレビCMの放映を開始しており、このたびの新作で9作目となります。

【 参 考 】「んなことあるかも?テイジン」について
“将来の社会や市場のニーズに応える製品・サービス =ソリューション を提供していく”という帝人グループの企業姿勢を訴求するためのキャッチフレーズです。CMの最後にサウンドロゴを挿入し、CMにインパクトを持たせるとともに、「テイジンであれば、今は世の中にないものでも将来開発・実現してしまうかもしれない」という期待感を持っていただくことを目指しています。

2.新テレビCMについて
このたび制作したテレビCMは、『みんなのそばに ヘルスケアザラシ』編の30秒1タイプです。

(1)企画内容について
“人々の健やかな笑顔のために”をコンセプトに、愛嬌があって、癒しを感じさせる未来動物『ヘルスケアザラシ』が、世界中の人々の生活シーンに溶け込み、寄り添う、ほのぼのとした写真をスライドショーで展開。帝人グループがヘルスケア事業に注力していること、および医薬品と在宅医療の2つの分野で人々の「Quality of Life」の向上に貢献していくという企業姿勢を訴求します。また、様々な国や地域の人々の明るく幸せそうなシーンを映し出すことにより、帝人グループが掲げるグローバル展開およびダイバーシティ(多様性)の推進も表現しています。

(2)使用楽曲について
シンガーソングライター「さかいゆう」さんの新曲「Mirror」を使用しています。このCMを通じて訴求したい“人々の健やかな笑顔のために”という思いや、ヘルスケアから連想される“人へのやさしさ”“癒し”といったイメージを、さかいゆうさんがこのCMのために書き下ろした英語の詞とメロディ、透明感のあるハイトーンヴォイスによって表現しています。この楽曲は、10月22日(水)より、音楽ダウンロードサイト「レコチョク」において「着うた®」として、また、音楽ダウンロードサービス「iTunes Store」においてスマートフォンの着信音として、配信されることが決定しています。
※「着うた®」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。

3.新テレビCMの放映および動画配信
(1)テレビ放映
10月16日(木)より、提供番組である読売テレビ・日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」(毎週木曜日21:00~21:54)や、協賛イベント「全国高校サッカー選手権大会」の中継番組を中心に放映されます。

(2)ウェブサイトでの動画配信
10月16日(木)より、パソコン・スマートフォン向けの企業広告サイト「テイジン未来動物LABO」の中で動画をご覧いただけます。
QRコードスマートフォンサイトへのバーコード

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社  コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。