2014年10月15日

帝健が「緑十字展2014」に出展します

帝人フロンティア株式会社のグループ会社である株式会社帝健は、10月22日~24日に広島県立広島産業会館(広島市)で開催される「緑十字展2014」に出展します。

今年で47回目の開催となる「緑十字展2014」は、「安全」と「健康」をキーワードに、各種製造業をはじめ、建設、通信・運輸、サービス、医療・介護など、あらゆる職場での安全管理、健康管理、環境改善に関する技術や情報を提供する、国内最大の安全衛生保護具・機械などの展示会です。今回は94の企業・団体が出展予定で、約12,000人の来場者が見込まれています。

帝健は、帝人グループの高機能繊維素材を用いた「健康・快適・防災・安全」などの関連製品を製造・販売しており、このたびの展示会では、パラ系アラミド繊維「テクノーラ」「トワロン」およびメタ系アラミド繊維「コーネックス」を使用し、事故を防ぎ、人命を守り、快適な作業環境をつくることを目的に開発した各種防護服や手袋など、約20点の製品を出展します。

帝健は、今回の出展を通じ、展開する製品のより一層の認知度向上を図るとともに、ビジネスチャンスの獲得および販路の拡大を目指します。

【「緑十字展2014」開催概要】
日時 : 10月22日(水)9:30~17:30、10月23日(木)9:00~17:00、10月24日(金)9:00~15:00
会場 : 広島県立広島産業会館
主催 : 中央労働災害防止協会(特別民間法人)

【主な出展内容】(展示ブース:7)
・強度・防刃性に優れる「テクノーラ」「トワロン」を使用した特殊保護製品
自動車工場やガラス工場の製造工程や森林作業など、厳しい作業環境での使用が想定される、耐切創性を備え、軽くて作業性に富んだ特殊保護製品(作業服、耐熱手袋)を展示します。

・長期耐熱性や難燃性に優れる「コーネックス」を使用した安全防護製品
消防関係や鉄鋼所、発電所、溶接工場における炉前作業、鋳造作業など、高温環境で働く作業者が着用し、身を守るための安全防護製品(防災服、作業手袋)を展示します。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社  コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

関連リンク