2014年11月 6日

320℃以上の超高温下での使用を実現!

超高耐熱プリプレグの開発について

帝人グループで炭素繊維・複合材料事業を展開している東邦テナックス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉野 隆)は、高い耐熱性および耐酸化性能を要求されるエンジン周りの用途に使用することができる新しいタイプのプリプレグ(炭素繊維シートに樹脂を染み込ませたもの)を開発しました。

プリプレグは炭素繊維複合材料(CFRP)の中間材料として使用されるもので、一般的に軽量で高強度なエポキシ系の樹脂が使用されています。これに対し、エンジン周りの部品など、特に超高温下で使用される用途においては、ビスマレイミド系などの樹脂を使用したプリプレグが用いられており、既に自動車やバイクのマフラーなどに採用されていますが、高温下での連続使用に伴う樹脂の酸化による強度劣化や、熱による膨張と収縮の繰り返しで発生する亀裂(ヒートクラック)が問題となっています。

こうした中、当社がこのたび開発したプリプレグは、炭素繊維織物にビスマレイミド系樹脂を含浸させたもので、これまで当社が培ってきた樹脂改質技術により、従来のプリプレグに比べて耐熱性に優れる、320℃以上というガラス転移温度*を達成しています。また、200℃台後半の連続使用においても耐酸化性能を示し、ヒートクラックが発生することのない高性能プリプレグです。

東邦テナックスは、航空機のエンジン関連部品として、既にこのプリプレグの開発を進めており、将来的には自動車向けなど、高温領域で使用される用途に幅広く展開していく予定です。また、今後はこれまでに使用されなかった用途に向けてCFRP技術の開発を進め、構造部材を含む川下領域への展開を強力に推進して、炭素繊維・複合材料事業の拡大を図っていきます。

* ガラス転移温度: 高分子物質を加熱した際に、ガラス状の硬い状態からゴム状の柔らかな状態に変化する温度。

 

当件に関するお問い合わせ先
・報道関係のお問い合わせ
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
・その他のお問い合わせ
東邦テナックス株式会社  航空機チーム 03-3506-6728

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。