2014年11月26日

花粉問題対策事業者協議会「秋季フォーラム」に 花粉対策ソリューションを出展

帝人グループは、12月3日に秋葉原UDX Gallery(東京都千代田区)で開催される花粉問題対策事業者協議会「秋季フォーラム」に出展します。
花粉問題対策事業者協議会は、花粉症対策に企業や研究機関が一丸となって取り組むことを目的に、2012年9月に設立された任意団体です。このたびの「秋季フォーラム」では、出展企業によるブースでの説明(14:30~16:00)のほか、花粉対策に関する講演や、2015年春の花粉飛散予測の発表などが予定されており、帝人グループとしては、帝人フロンティア株式会社が展開する花粉対策ソリューションを紹介します。
帝人グループは、国民の3人に1人が罹病しているといわれる花粉症への対策として、今後もソリューションを拡充し、貢献していきたいと考えています。

【 出展内容 】 帝人フロンティアの花粉対策ソリューション
・花粉がつきにくい、ついても落ちやすい素材「ポランバリアV」
細い繊維を高密度に織り上げることによって衣服内に花粉が入り込みにくくするとともに、特殊加工により繊維表面を平滑にすることで花粉を落ちやすくして(花粉脱落率80%以上)、室内に花粉が侵入するのを防ぎます。コート、ジャンパーなどのアウターウェアやスポーツウェアの素材として使用されています。
・花粉も遮断する、防塵・防ダニ寝具用素材「ミクロガード」
薬品による加工を行わず、極細繊維を高密度に織り上げることで、花粉、ホコリ、ダニなどの侵入を遮断。吸水性、透湿性を備えており、寝具カバーとして使用することで快適な眠り心地を提供します。
・室内への花粉の侵入を抑えるカーテン用素材「エフコット」
独自の繊維構造で花粉を捕捉し、室内への花粉の侵入を抑制。一般的なカーテン用ポリエステル素材に比べ、2倍以上の花粉を捕捉することができます。また、捕捉した花粉は、洗濯で簡単に落とすことができます。
・高機能不織布製「3層式立体マスク」
細菌・微粒子を99%以上捕集する高性能フィルターを採用しています。立体構造により着用時に顔との隙間ができにくく、口元に空間ができるため、息苦しさも軽減されます。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社  コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。