2015年2月16日

小型で服用しやすく、1日1回の服用で効果が持続

「ムコソルバン®L錠45mg」の製造販売承認を取得

帝人ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:宇野 洋)は、本日、徐放性気道潤滑去痰剤の新製品「ムコソルバン L錠45mg」(一般名:アンブロキソール塩酸塩)の製造販売承認を取得しました。本剤は、2015年夏に販売開始の予定です。

 

 【右写真】「ムコソルバン Lカプセル」(左)と
「ムコソルバン L錠」(右)

1.経緯・背景

  • (1)
    「ムコソルバン」は、気管支炎やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患罹患時に、気管や気管支から痰を喀出しやすくする薬剤で、ドイツのベーリンガーインゲルハイム社より導入しています。当社は、1984年の「ムコソルバン錠」発売以来、液剤・シロップ剤などの剤形追加や、1日1回の服用で去痰効果を発揮するカプセル剤の発売などにより、さまざまな医療現場のニーズに応えてきました。
  • (2)
    去痰剤は、他剤と一緒に服用する機会が多いため、医療現場からは、より小さく、服用しやすい剤形の開発が望まれていました。また、COPDなどの慢性呼吸器疾患でお悩みの患者さんは、その6割以上が朝の痰の喀出に苦しんでいることが報告されており、去痰剤には、朝の痰の喀出に効果を発揮することも期待されています。

2.本剤の特長

  • (1)
    小型化により服用時の負担を軽減
    本剤は、当社独自の設計により速放顆粒と徐放顆粒を一体化することで、服用回数が1日1回の去痰剤としては最小クラス(直径約7.5mm、厚さ約6㎜)にまで小型化しており、従来の去痰剤に比べて服用時の負担軽減が期待できます。
  • (2)
    朝の痰の喀出に高い効果を発揮
    当社は、1日1回の服用で去痰効果を発揮し、夕食後に服用することで朝の痰の喀出困難に対して高い効果を発揮する「ムコソルバン Lカプセル45mg」を展開しています。本剤はLカプセルの有効成分を錠剤化したものであり、朝の痰の喀出に同様の高い効果を期待することができます。

当件に関するお問い合わせ先
・報道関係のお問い合わせ
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
・その他のお問い合わせ
帝人ファーマ株式会社 学術情報部 0120-189-315

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。