2015年4月13日

安全・補強・防護関連の国際見本市

「中国労働防護用品交易会」に出展します

帝人株式会社と、帝人グループでアラミド繊維事業を展開するテイジン・アラミド・アジア(Teijin Aramid Asia Co., Ltd.、中国・上海市)は、4月14日~16日に上海新国際博覧中心(中国・上海市)で開催される「中国労働防護用品交易会」に出展します。(展示ブース:ホールW2 ブースNo.BTE03)

「中国労働防護用品交易会」は、90回目を迎えるアジア最大規模の安全・補強・防護関連の国際展示会で、今回は800以上の企業が出展します。

帝人グループは、成長コンセプトの1つとして「高機能複合材料による顧客価値の実現」を掲げており、特に高機能繊維においては「セーフティー」「インフラ・エネルギー」「機能紙・フィルター」「モビリティ」を重点領域として用途開拓を進めています。このたびの出展を通じて、セーフティー分野でのさらなる採用拡大を目指し、ソリューションを提案していきます。

【プロモート素材】
・ 新規メタ系アラミド繊維「Teijinconex neo」
世界最高レベルの優れた熱防護性を有するとともに、高い染色性を持ち、後染め加工が可能であるため、小ロット需要への対応が可能です。中国の展示会で紹介するのは初めてのことであり、防護用作業服用途に向けて展開していきます。

・ パラ系アラミド繊維「トワロン」「テクノーラ」 メタ系アラミド繊維「コーネックス」
強度、弾性率、耐衝撃性、寸法安定性などに優れ、防護服、ブレーキパッド摩擦材、補強材用途に展開しています。
 

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社  コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。