2015年5月13日

アジア最大のプラスチック見本市

「チャイナプラス2015」に出展します!

帝人グループは、5月20日(水)~23日(土)に中国輸出入商品交易会展示館(中国・広州市)で開催されるアジア最大のプラスチック見本市「チャイナプラス2015」に出展します。(ブース番号:11.2L21)

展示ブース
帝人グループは、中長期経営ビジョンに「地域ポートフォリオ変革」を掲げており、重点地域である中国をはじめとするアジア・新興国において業容拡大を図っています。16回目の出展となる今回は、「モビリティ」「情報・エレクトロニクス」「環境・エネルギー」といった注力分野を中心に、樹脂、フィルム、高機能繊維など、帝人グループの様々な素材を“One Teijin”として紹介することで、「地域ポートフォリオ変革」のさらなる推進・加速を図ります。

【主な展示内容】
・モビリティ分野
ポリカーボネート(PC)樹脂「パンライト」製の自動車用樹脂窓や、PC樹脂系ポリマーアロイ「マルチロン」製の自動車内外装用パーツを紹介します。ガラスより軽量で、歪みが少なく、高い視認性を有するという特長が評価され、米国ニューヨーク市のタクシー(イエローキャブ)をはじめ、世界中の様々な自動車の窓にガラス代替材料として採用されています。

・情報・エレクトロニクス分野
高出力・高輝度化が進むLED照明向けとして、世界最高水準の難燃性や光拡散性を有する材料や、高性能化の進むスマートフォン・タブレット端末向け材料、およびエレクトロニクス用途においてニーズが高い新規リン系難燃剤「FCX-210」などを紹介します。

・環境・エネルギー分野
脱石油素材として、自動車やエレクトロニクス分野で幅広い活用が期待できるバイオプラスチック「バイオフロント」「PLANEXT」、および世界初となる透明樹脂製消火器に使用されているPEN(ポリエチレンナフタレート)樹脂「テオネックス」などを紹介します。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。