2015年5月20日

ナノファイバーがソフトな肌触りとずれにくさを実現

「ナノフロント®」を使用したマスクを開発

帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市中央区、社長:日光 信二)は、既に販売展開している不織布製ディスポーザブルマスク「3層式プリーツ型マスク」について、このほど、優れたフィルター性能に加え、新たに「極上の肌触り」「ずれにくさ」「優れた吸水・保湿」「消臭」などの機能を付与したマスクを開発しました。
このたび開発したマスクは、肌との接触面に、帝人株式会社が製造する直径700ナノメートルの超極細ポリエステルナノファイバー「ナノフロント」を使用し、その特性であるソフトな風合いや肌への高い密着性が、マスク着用時の快適性向上を実現しました。
帝人フロンティアは、この新しいマスクについて、今秋以降、風邪および花粉の対策製品として発売することを目指しています。

3層式プリーツ型マスク

1.新しいマスクの特長
現在、帝人フロンティアが展開している「3層式プリーツ型マスク」は、高性能フィルターを採用することにより、細菌・ウィルスを含む飛沫(3µm)、微粒子(0.1µm)を99%以上(一般財団法人カケンテストセンターによる測定値)遮断する優れた捕集機能を有し、また、プリーツドーム型構造により、口元にゆったり空間ができる快適でスタイリッシュなマスクです。このたび開発したマスクは、これらの機能に加え、次の特長を備えています。

  • (1)
    極上の肌ざわり
    柔らかなポリエステルナノファイバー「ナノフロント」をマスクの最内面に使用することにより、肌を傷つけにくく、ソフトでしなやかな風合いを実現しました。
  • (2)
    優れた密着性により、ずれにくい
    「ナノフロント」の繊維表面にあるナノサイズの凹凸により、摩擦力が生じ、肌との密着性が高まるため、着用時にマスクが落ちにくく、肌との隙間を生じにくくしました。
  • (3)
    優れた吸水・保湿性
    最内面のシートには、「ナノフロント」に加えて極細ポリエステル繊維を使用しており、それらが生み出す微小空間により吸水性が高まりました。さらに、レーヨン繊維を使用したシートを組み合わせることで、吸湿性を一層高め、マスクの内面に水滴ができにくくなっています。特にジョギングなどのスポーツシーンにおいて、マスク着用時の快適性向上につながります。
  • (4)
    アンモニア消臭率85%以上(一般財団法人カケンテストセンターの測定)
    天然食品からポリフェノールを抽出し、消臭剤として加工する技術を開発しました。この技術を活用することにより、マスクに消臭機能を付与しました。

「ナノフロント」を使用したマスクの構造

2.今後の展開

  • (1)
    帝人フロンティアは、このたび開発したマスクについて、今秋以降、風邪および花粉の対策製品として発売することを目指しており、コンビニ、ドラッグストア、スーパー、駅売店などに向けて拡販を図っていきます。
  • (2)
    また、このマスクに使用している「ナノフロント」配合の不織布を、マスクメーカーなどにも販売することとしています。
 
当件に関するお問い合わせ先
・報道関係のお問い合わせ
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
・その他のお問い合わせ
帝人フロンティア株式会社  ウェルライフ推進部  03-6402-7010

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。