2015年6月 2日

「INTERSCHUTZ2015」 に出展します

帝人株式会社と、帝人グループでアラミド繊維事業を展開するテイジン・アラミドB.V.(オランダ・アーネム市)は、6月8日~13日にドイツのハノーバー国際見本市会場で開催される「INTERSCHUTZ(インターシュッツ)2015」に出展します。(展示ブース:ホール12 ブースNo.B55)
「INTERSCHUTZ」は、5年毎に開催される世界最大規模の防火、防災、救助関連の見本市で、前回は1,350社の出展、125,000名の来場がありました。
帝人グループは、成長コンセプトの1つとして「高機能複合材料による顧客価値の実現」を掲げており、特に高機能繊維においては「セーフティー」「インフラ・エネルギー」「機能紙・フィルター」「モビリティ」を重点領域として用途開拓を進めています。このたびの出展を通じて、幅広い用途でのさらなる採用拡大を目指し、ソリューションを提案していきます。

【主要プロモート素材】
・ 新規メタ系アラミド繊維「Teijinconex® neo」
世界最高レベルの優れた熱防護性を有するとともに、高い染色性を持ち、後染め加工ができるため、小ロット需要への対応が可能です。防護用作業服用途に向け、広く展開していきます。
・ メタ系アラミド繊維「コーネックス®」
高い耐熱性や難燃性が要求される危険作業に従事される方々の安全を確保するため、消防服などの防護用途に広く展開しています。
・ パラ系アラミド繊維「トワロン®」「テクノーラ®」
強度、弾性率、耐衝撃性、寸法安定性などに優れ、防弾チョッキ、防護服、補強材用途などに展開しています。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。