2015年9月30日

素材技術とヘルスケア技術の融合による新事業創出拠点

融合製剤棟が稼働開始

帝人ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:宇野 洋)は、素材技術とヘルスケア技術の融合による画期的な医薬品開発拠点として、昨年より「融合製剤棟」の建設を進めてきましたが、このたび完成し、10月より稼働を開始します。
今後は、本施設を最大限に活用することにより、素材技術とヘルスケア技術の融合領域における研究開発により一層注力していきます。

融合製剤棟の外観

1.背景・経緯

  • (1)
    帝人グループは、発展戦略の1つとして「事業の融合による新規ビジネスの創出」を掲げており、その一環として、素材技術とヘルスケア技術の融合による新規ヘルスケア事業の創出を目指しています。
  • (2)
    そして、高機能繊維および医薬品の製造技術の融合による画期的な医薬品として、止血・接着効果の高い外科手術用シート状接着剤「KTF-374」の開発を推進するなど、融合領域における実用的な研究開発に積極的に取り組んでいます。
  • (3)
    こうした中、「KTF-374」の治験薬製造や量産化プロセスの開発に取り組むとともに、融合領域の新規製品開発に向けた体制の整備・強化を図るため、新たな融合領域の製剤開発拠点として融合製剤棟を新設することとし、2014年10月より岩国事業所内の製薬技術研究所において建設を進めてきました。

2.融合製剤棟について

  • (1)
    目的:「KTF-374」の治験薬製造に必要となるGMPゾーンや製造装置、試験設備を設置するとともに、新規融合製剤の研究スペースおよび設備を確保する。
  • (2)
    仕様:鉄骨2階建、床面積約2,300m2
  • (3)
    投資額:約20億円
  • (4)
    工期:2014年10月着工、2015年9月完成

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。