2015年10月 6日

東邦テナックス(株)三島事業所における 燃料転換について

帝人グループで炭素繊維・複合材料事業を展開している東邦テナックス株式会社は、国内主要製造拠点である三島事業所の自家発電燃料を、従来の重油を用いた蒸気タービン発電からガスタービン発電に転換することとしました。
東邦テナックス三島事業所は、炭素繊維・複合材料事業として最大の事業所であり、プリカーサ*から炭素繊維までを一貫生産し、航空機用途をはじめとする高機能炭素繊維の一大供給拠点となっています。炭素繊維の製造には、その焼成工程で多大な電力を要することから、事業所内に自家発電を設置していますが、環境配慮の観点から、よりCO2排出量の少ないエネルギー源が求められていました。
帝人グループでは、2020年度までのCO2排出削減目標として、2011年度を基準年に国内外で毎年1%以上改善することを掲げています。このたびの燃料転換により、約50,000トン/年のCO2排出削減が見込まれており、これは帝人グループの排出するCO2総量の2%以上に相当します。
帝人グループは、企業理念の一つに「社会とともに成長します」を掲げており、「地球環境との共生を図り、自然と生命を大切にします」を実現するため、環境負荷の低減を推進し、地球環境の保全に努めています。このたびの燃料転換のみならず、今後も環境負荷低減に寄与する経営を推進していきます。

*プリカーサ : 炭素繊維の原料として用いられる特殊なアクリル繊維のこと。これを200℃~300℃で酸化(耐炎化工程)した後、1000℃~2000℃で焼成(炭素化工程)することで炭素繊維ができる。

 

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

関連リンク