2015年10月14日

「2015年 帝人グループ統合報告書」が「UCDAアワード 2015」において「特別賞」を受賞

帝人株式会社は、今年度より統合報告書の発行を開始しましたが、このたびその第1号である「2015年 帝人グループ統合報告書」が、一般社団法人ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(UCDA)が主催する「UCDAアワード2015」において、CSR報告書部門の「特別賞」を受賞しました。

UCDAは、「見やすい、わかりやすい、伝わりやすい」コミュニケーションの実現を目指して「情報のわかりやすさ」の基準を作成している第三者機関で、「UCDAアワード」は、企業・団体が生活者に発信するさまざまな情報を客観的に評価し、優れたコミュニケーションデザインを表彰するものです。その中でCSR報告書部門は、企業のCSR活動をわかりやすく伝えることが必要という世の中の声を受けて今年度から創設されたもので、このたび当社が受賞した「特別賞」は、情報のわかりやすさなどの面で優れた報告書に授賞されることになっています。

当社の統合報告書は、見出しと本文の文字数、色などが読者目線を意識した構成となっている点、統合報告書として情報量が豊富であるにもかかわらず、写真や図などによって可視化されており、わかりやすい点などが評価されました。

「2015年 帝人グループ統合報告書」は、株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーに帝人グループに関する情報をお伝えし、ご理解いただけるよう、従来、「アニュアルレポート」として報告してきた経営戦略や経営実績などの財務情報と、「帝人グループCSR報告書」として報告してきた社会や環境に対する取り組みなどの非財務情報を1つに統合して編集・発行しました。

このたびの受賞を契機として、これまで以上にあらゆるステークホルダーと良好なコミュニケーションが実現できるよう注力していきます。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。