2015年10月26日

帝人グループの技術を集結した車体が大きく貢献

ソーラーカーレースで工学院大学「OWL」が準優勝!

帝人グループで炭素繊維・複合材料事業を展開する東邦テナックス株式会社および株式会社ジーエイチクラフトが設計・製作を支援し、世界最大級のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge2015」に参戦していた工学院大学のソーラーカー「OWL」が、このたび「クルーザークラス」で準優勝を果たしました。

jgb151026.png10月18日~25日にオーストラリアで開催された「Bridgestone World Solar Challenge2015」には、乗員数や車体により3つのクラスが設けられており、帝人グループが設計・製作を支援した工学院大学の「OWL」は、2名以上が搭乗可能な「クルーザークラス」に参戦していました。

「OWL」は、空力特性に優れた独自のフォルムと、クラス最軽量である約55㎏の車体、そして、耐久走行に耐え得る剛性、強度、安全性を特長とする革新的なソーラーカーで、工学院大学はそれらを最大限に活かす走行プランでレースに挑み、準優勝を実現しました。

「OWL」には、2010年に東邦テナックスとサカイオーベックス株式会社が共同開発した成形厚0.06㎜という極薄・超軽量の炭素繊維織物が使用されています。また、ジーエイチクラフトは、工学院大学の学生主体で取り組んだ車体の設計・製作を全面的に支援しました。

帝人グループは、東邦テナックスとジーエイチクラフトによる熱硬化性CFRPに加え、帝人の複合材料技術開発センターでは熱可塑性CFRPの研究開発を進めており、帝人のオートモーティブ事業開発推進グループでは双方のマーケティング活動を展開しています。グループを挙げてCFRPソリューションの展開に取り組む帝人グループは、自動車用途でのCFRPの採用・普及を推進し、CFRPコンポジットのリーディングカンパニーを目指します。



当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。