2016年2月 2日

しっかり絡みつき、着脱が簡単

ポリエステル繊維製の柔らかな面ファスナーを開発

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:鈴木 純)は、このたび、ポリエステル繊維を使用した面ファスナー「ファスナーノ」を開発しました。介護用や一般向けの寝装、雑貨用途などに向け、今春より「ファスナーノ」を使用した商品を展開していきます。

 ファスナーノTM

 接触部分の電顕写真

このたび帝人が開発した「ファスナーノ」は、ファスナーの一方の面に超極細ポリエステルナノファイバー「ナノフロント」のパイル地、もう一方の面にポリエステルの立毛生地を使用しています。「ナノフロント」をパイル地とすることで、その特性である高い摩擦力を最大限に活かし、もう一方の面の立毛生地の毛先に絡みつきます。これにより、水平方向へ引っ張る際には高い接着性で剥がれにくく、垂直方向へ引っ張る際には絡みついた生地同士が簡単に剥がれるため、僅かな力で容易に着脱することができます。また、取り外しの際に発する音も、一般的な室内での騒音量と同等のレベルであり、ほとんど気になりません。さらに、いずれの生地も柔らかいため、様々な形状のものに取り付けることが可能で、肌に触れても痛みを感じることがありません。

「ファスナーノ」に使用されている「ナノフロント」は、繊維1本の直径が700ナノメートルの超極細ポリエステルナノファイバーです。「ナノフロント」を使用した生地は、通常の繊維に比べて数十倍の表面積を有し、ナノサイズの凹凸により、「滑りにくさ」「柔らかさ」「遮熱効果」「拭き取り性能」「透けにくさ」「ろ過性能」など、様々な特性を発揮します。

帝人は、ホックやボタンの代わりに「ファスナーノ」を使用することにより、着脱が簡単で肌にやさしい枕カバー、スリーパー、ケープ、パジャマなどのケアグッズを開発し、「快適」「安心」「環境」をテーマにアメニティ用品を展開する「ここちサイエンス」シリーズの新たなラインナップとして、今春より販売展開を開始します。また、2016年度中には面ファスナーテープとしての販売開始も目指していきます。

なお、「ファスナーノ」および「ファスナーノ」を使用したケアグッズは、2月4日~5日に帝人大阪本社、2月18日~19日に東京のユーディーエックス・ギャラリーネクストで開催される「トータル ライフ ソリューション展2016」において、初めて紹介されます。

「ファスナーノ」を使用したケアグッズ

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    • 報道関係のお問い合わせ
      帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
    • その他のお問い合わせ
      帝人フロンティア株式会社 ノンウーブンソリューション部 アメニティ課 06-6233-3876

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

関連リンク