2016年2月 3日

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同

帝人株式会社の代表取締役社長である鈴木純は、このたび、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同し、さらなるダイバーシティ推進に取り組むことを表明しました。

この行動宣言は、女性の活躍推進に積極的に取り組む企業の男性リーダーによるもので、性別を問わず、社員の意欲を高め、持てる能力を最大限発揮できるよう、意識変革や能力開発、働き方変革などに取り組むことを宣言するものです。

帝人グループは、企業理念の1つとして掲げる「社員と共に成長します」の実現に向けて、女性社員や外国籍社員の積極的な採用や法定を大きく上回る母性保護施策、配偶者海外転勤同行休職制度、家庭事情で退職した社員の再雇用制度「HELLO-AGAIN」など、ダイバーシティ経営を積極的に推進しています。また、2012年に発表した中長期経営ビジョンにおいても、人財のグローバル化とダイバーシティを加速するとしています。

帝人グループは、このたびの「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言への賛同を契機に、さらなるダイバーシティ推進に取り組みます。

<参考>「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言webサイト
http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/male_leaders.html

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。