2016年3月 4日

「Industry 4.0」の実現に向けたプロジェクトに参画します

東邦テナックス株式会社の欧州事業会社であるトーホウ・テナックス・ヨーロッパ社(以下「TTE社」)は、自動車の軽量化や生産工程の効率化などを目的とした技術開発促進プロジェクト「iComposite 4.0」に参画します。

「iComposite 4.0」は、ドイツの国内企業など10団体による共同開発プロジェクトで、ドイツ政府が情報通信技術と製造技術の統合を目指して提唱している「Industry 4.0」のコンセプトに基づき、ドイツ連邦・教育研究省(BMBF)の支援を受けて、2016年1月より取り組みを開始しています。

製造業において軽量化の重要性がますます高まる中、特に自動車産業では、繊維強化プラスチックなどを用いた車体の軽量化が推進されていますが、その製造工程においては素材の半分程度が端材となるなどロスが大きく、生産の効率化が課題となっていました。こうした課題への取り組みとして、TTE社は「iComposite 4.0」への参画を通じて、従来の樹脂射出成形技術に3Dプリントなどの最新技術や高度な処理能力を持つインテリジェント制御システムなどを組み合わせながら、端材や生産コストの削減に向けた技術開発を進めていきます。

具体的には、ファイバースプレー技術によって基材を製造し、高精度のファイバープレイスメント技術により繊維束を添加することで軽量性と強度のバランスが取れた基材として、RTM成形によりCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を生産します。また、各製造工程における様々な記録は、それぞれの部材に組み込まれたRFIDチップに保存されることにより一貫した品質管理が可能となり、性能のバラつきを抑えるとともに、端材を削減することができます。そして、こうした品質管理体制や製造設備内のシステムが、「Industry 4.0」が提唱する無駄のない生産を実現します。

帝人グループは、TTE社の「iComposite 4.0」への参画を通じてCFRPの生産効率向上を目指すとともに、用途展開のさらなる拡大を図っていきます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。