2016年3月16日

より安全な空での輸送に向けて

耐久性・難燃性の高い航空貨物コンテナを共同開発

帝人グループでパラ系アラミド繊維「トワロン」を生産・販売しているテイジン・アラミドB.V.(Teijin Aramid B.V. オランダ・アーネム市、社長:ゲーテ・W.フレデリクス、以下「TA」)は、このたび、貨物輸送関連製品を扱う米国のマクロ・インダストリー社(MACRO Industries, Inc. 米国・アラバマ州、社長:ノリス・ルーチェ、以下「マクロ社」)と、「トワロン」を使用した航空貨物コンテナ(ULD)の共同開発、および製造、商業化に向けて協力していくことで合意しました。

 
「MACRO-Lite」

航空業界では、乗客や貨物の安全な輸送について、国際民間航空機関(ICAO)により厳格に規制されています。例えば、従来のアルミ製ULDでの輸送においては、電子機器や電気自動車などの用途で需要が高まっているリチウムイオン電池の発火の可能性が高いことから2015年より貨物としての空路輸送が禁止されており、輸送手段の改善が求められていました。

TAが生産するパラ系アラミド繊維「トワロン」は、同じ重量の鉄に比べて約6倍の強度があり、軽量で、耐熱性、耐衝撃性、寸法安定性、柔軟性に優れる高機能素材です。そして、こうした特性を持つ「トワロン」を使用して製造されたマクロ社のULD「MACRO-Lite」は、アメリカ連邦航空局(FAA)およびユナイテッド・パーセル・サービス社(UPS)の試験により、最高温度約650℃の環境においても4時間以上の耐火性を有することが実証されています。

飛行中に万一火災が発生した場合、可能な限り機内の安全を確保した状態で緊急着陸させるためにこうした耐火性能は極めて重要であることから、「MACRO-Lite」は、リチウムイオン電池などを輸送する際の安全規制をクリアするものと期待されています。また、軽量性や耐久性がアルミ製ULDよりも優れていることがUPSによって評価されています。「MACRO-Lite」は、世界に約90万台あるとされるアルミ製ULDからの置き換えも容易で、設置後のメンテナンスも削減できるため、環境負荷低減にも貢献することができます。 TAとマクロ社は、このたびの共同開発契約を契機として、両社の持つ技術や知見、および強みのある市場を組み合わせることにより、さらに安全で効率性の高い航空貨物輸送の実現を目指していきます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    • 報道関係のお問い合わせ
      帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
    • その他のお問い合わせ
      帝人株式会社  インフラ・エネルギー課 03-6268-2350

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。