2016年3月18日

「平成27年度 東京都スポーツ推進モデル企業」に認定

帝人株式会社は、このたび、東京都より「東京都スポーツ推進モデル企業」として認定されました。

東京都は、2020年の「スポーツ都市東京」の実現に向けて企業のスポーツ活動促進に取り組んでおり、その一環として、社員のスポーツ活動を推進する取り組みや、スポーツ分野における社会貢献活動に注力している「東京都スポーツ推進企業」102社の中から、特に社会的な影響や波及効果の大きな取り組みをしている企業を「東京都スポーツ推進モデル企業」として認定・表彰しています。

帝人グループは、障がい者スポーツの支援や、社内スポーツ大会の開催、ウォーキングラリーの実施など、社員のスポーツ活動を推進すると共に、全国高校サッカー選手権大会への協賛や、社員有志によるサッカースクールの運営、体育館やグラウンドといった厚生施設の社外開放など、スポーツを通じた社会貢献活動にも注力していることが評価されて、このたび認定されることになりました。

 
障がい者バドミントンで世界的に活躍する河端浩伸(帝人・松山事業所事務室所属)

帝人グループは、企業理念に「クォリティ・オブ・ライフの向上」を掲げ、社員やその家族の健康増進、周辺地域におけるスポーツ振興支援に注力してきましたが、このたびの認定を契機として、より一層こうした活動に注力していきます。

帝人グループの主な取り組み

●障がい者スポーツ支援
日本代表として障がい者バドミントン国際大会に参加する社員の遠征費用を支援。

●帝人グループ健康ウォーキング
社員と家族の健康増進などを目的に、2000年から全社的にウォーキングラリーを開催。毎年、多数の社員・家族が参加。

●全国高校サッカー選手権大会への協賛
1991年から協賛を継続。1996年からは各代表校に自社の人工皮革を使用したサッカーボールを寄贈。

 

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。