2016年3月31日

女性活躍推進法に基づく行動計画について

帝人グループは、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)が4月1日から施行されるのに伴い、新法に基づく行動計画を策定し、帝人グループのWEBサイトに公開しました。

行動計画(帝人株式会社、帝人ファーマ株式会社の例)

期間 2016年4月1日~2021年3月31日
課題

(1)女性管理職比率が低い
(2)部署によって人財パイプラインに差がある

目標 女性管理職数を2020年度末までに倍増
施策

(1)昇進推薦基準の見直し
(2)女性社員の職域拡大
(3)若手女性社員の早期育成
(4)働き方改革推進

※任意項目も含め、全項目について情報公開。

帝人グループは、企業理念の1つに掲げる「社員と共に成長します」の実現に向けて、女性社員や外国籍社員の積極的な採用や、法定を大きく上回る母性保護施策や介護支援施策など、ダイバーシティ経営を積極的に推進しています。また、2012年に発表した中長期経営ビジョン「CHANGE for 2016」においても、人財のグローバル化とダイバーシティを加速する「人財ポートフォリオ変革」の推進を掲げ、年齢や経歴、障がい、国籍、人種などに関わらず、社員が活躍できる組織風土への改革を進めています。

帝人グループは、このたびの新法施行を契機として、さらにダイバーシティ推進に取り組んでいきます。

<参考> 帝人グループの主なダイバーシティ推進施策

●新卒採用における採用目標
人財のグローバル化とダイバーシティ加速のため、女性社員を「30%以上」、日本国籍以外の社員を「10%以上」、海外経験のある社員を「20%以上」採用目標としている。

●配偶者海外転勤同行休職制度
管理職昇進直前の女性社員の離職理由として、近年、「配偶者の海外転勤同行」が増加してきたことを踏まえ、配偶者の海外転勤に同行する場合に、最長3年間の休職を認める制度を導入。すでに8名の女性社員が本制度を活用しており、貴重な人財喪失の防止策として機能している。

●サクセッションプランの女性欄新設
課長クラス以上が後任候補者を推進する「サクセッションプラン」の様式に、女性候補者記入欄を設け、記入を必須としている。これにより、女性管理職候補者に対する上司の育成意識が醸成され、自ずとスポンサーシップを担い、女性候補者本人の成長・昇進につながっている。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。