2016年5月19日

世界最大の太陽光発電関連展示会

「SNEC PV POWER EXPO 2016」に出展します

帝人株式会社は、5月24日~26日に中国・上海の上海新国際博覧中心で開催される太陽光発電関連の展示会「SNEC PV POWER EXPO 2016」に出展します。(出展ブース:W4-110、111)

本展示会は、中国国内のみならず、世界90カ国、1,500以上の企業から、太陽電池や太陽光発電システムの研究開発や製造に必要なあらゆる技術、部品・材料、装置などが一堂に出展される、太陽電池業界で世界最大の国際商談展です。

当社が3年連続の出展となる今回は、太陽電池向けプリンタブルエレクトロニクス材料「NanoGram シリコンペースト」と最先端のレーザードーピング技術を組み合わせることで高変換効率を実現できる「NanoGram PERC CELL」を紹介します。

帝人のグループ会社であるナノグラム・コーポレーションが開発した「NanoGram シリコンペースト」は、PERC型*1太陽電池のさらなる高効率化に寄与する不純物拡散層*2を形成するのに必要なホウ素やリンなどの不純物を内包する、直径20ナノメートル程度のシリコンナノ粒子のペーストです。

当社はこの「NanoGram シリコンペースト」を活用し、不純物拡散層を形成したいところに印刷するためのスクリーン印刷と、印刷したペーストを高温でシリコンウエハ内に拡散させるためのレーザードーピング技術を用いて、「NanoGram PERC CELL」を開発しました。そして、世界有数のPERC型太陽電池のレーザー加工機器メーカーである武漢帝尔激光科技股份有限公司と提携し、同社敷地内にレーザードーピング試作センターを開設して、最適なレーザードーピング条件およびレーザードーピング装置を開発することにより、変換効率を飛躍的に向上させる「NanoGram PERC CELL」の量産化技術を確立していきます。

当社は本展示会を通じ、「NanoGram シリコンペースト」を用いて高効率太陽電池を実現する「NanoGram PERC CELL」を広く訴求し、次世代太陽電池のデファクトスタンダード化を目指します。

*1 PERC型:  Passivated-Emitter, Rear Cellの略で局部背面電界の意。結晶系太陽電池の代表的な構造。
*2 不純物拡散層: シリコンウエハ中に、ホウ素やリン、アルミニウムなどの「不純物」を熱やレーザーなどで意図的に送り込み(拡散)、電気伝導率を高めた部分のこと。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。