2016年6月 2日

作業現場での安全性向上に貢献

視認性の高いアラミド繊維織物を開発

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:鈴木 純)は、危険作業に従事する方々の安全確保に向けたソリューションとして、高視認性衣服の国際規格である「ISO 20471」に準拠する新しいアラミド繊維織物を開発しました。

 
視認性の高い新規アラミド繊維織物

警察や消防、製造現場など、危険を伴う環境で業務に従事する方々が着用する防護衣料には、その業務の特性から高い難燃性や耐久性が備わっています。それに加えて、防護衣料の活用分野が広がる中、視界が奪われやすい悪天候や暗闇などでの業務に際しても第三者から作業従事者を視認しやすくするため、高い視認性を有する素材の必要性が高まっており、難燃性や耐久性と高視認性とを両立させる素材の開発が求められていました。

こうした中、帝人はアラミド繊維やその織物、および防護衣料に関する長年のノウハウを活かし、主に長期耐熱性や難燃性に優れるメタ系アラミド繊維「コーネックス」を使用した織物を幅広く防護衣料向けに提供していますが、このような高い視認性へのニーズに対応するため、新しい高視認性アラミド繊維織物を開発しました。

この高視認性アラミド繊維織物は、帝人が有するアラミド繊維に関する技術と、小松精練株式会社(本社:石川県能美市、社長:池田哲夫)が持つ特殊な繊維着色技術を組み合わせることにより実現したものです。アラミド繊維との相性が良く、色落ちがしにくい着色技術や、鮮明な色を表現しやすいアラミド繊維を開発することで通常のアラミド繊維織物よりも鮮やかな発色を実現し、高視認性衣服に求められる国際規格「ISO 20471」の基準も満たしています。この新しいアラミド繊維織物の開発により、防護衣料の難燃性や耐久性を保ちながら、遠距離でも着用者を目視で確認できるだけの高視認性を付与することが可能になりました。

帝人は、このたび開発した高視認性アラミド繊維織物により製品ラインナップを拡充し、既に国内向け防護衣料において確立しているポジションをより強固なものにするとともに、グローバル展開を強化することにより、セーフティーソリューション分野全体で、2020年までに200億円の売上を目指します。また、帝人は、高機能素材による顧客価値実現の一環として、独自の高機能素材を組み合わせたハイブリッド製品により、今後もより多様な顧客ニーズに向けてソリューションを提供していきます。

なお、この高視認性アラミド織物は、6月10日~11日にアジア太平洋トレードセンター(大阪市住之江区)で開催される「IFCAA 2016 大阪国際消防防災展」において初めて紹介することになります。

【参考】帝人のアラミド繊維について
アラミド繊維は、一般的に高強力、耐熱性、寸法安定性、耐薬品性などの特性を持つ高機能繊維の1つで、パラ系とメタ系の2種類に大別される。パラ系アラミド繊維は、特に強度、防弾・防刃性などに優れ、主として防護衣料、自動車のブレーキパッドなどの摩擦材やタイヤの補強材、光ファイバーケーブルの補強材などに使われており、今後も安定した市場成長が見込まれている。帝人グループは、オランダ・エメン市で生産する「トワロン」と、愛媛県松山市で生産する「テクノーラ」で世界市場の約2分の1を占める。一方、メタ系アラミド繊維は、長期耐熱性や難燃性に優れ、耐熱フィルターなどの産業資材、および消防服などのユニフォームに使用されており、帝人グループは山口県岩国市で「コーネックス」を生産している。加えて2015年8月には、アジア・新興国における防護衣料の需要獲得推進を目指し、タイ・アユタヤ県にて、世界最高レベルの優れた熱防護性と安定した高い染色性を有する新規メタ系アラミド繊維「Teijinconex neo」の生産を開始した。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    • 報道関係のお問い合わせ
      帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
    • その他のお問い合わせ
      帝人株式会社 セーフティーソリューション課 03-3506-4628

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。