2016年6月 3日

ペットボトルのリサイクル活動を通じた

映画「サブイボマスク」協賛について

帝人フロンティア株式会社は、東映株式会社が6月11日(土)に公開する映画「サブイボマスク」*1に協賛し、その一環として、撮影を通じて回収したペットボトルのリサイクル活動を支援しています。

このたびの取り組みは、「サブイボマスク」の撮影期間中に、出演者、スタッフなどの映画関係者が使用したペットボトルを回収し、リサイクルポリエステル繊維「エコペット」*2として再生するもので、その「エコペット」は、映画の公開記念アイテムとして販売されるオリジナルTシャツのワッペンの一部に使用されています。

ロケ現場である大分県中津市の日ノ出町商店街では、多くの方々の協力を得ながらペットボトルの回収を実施しており、こうしたリサイクル活動を通じて、映画のテーマである“地方創生”に向けて一体感が生まれることを期待しています。

帝人フロンティアは環境活動指針として「THINK ECO」を掲げ、衣料から産業資材まで幅広い用途において、リサイクルをはじめとする地球環境に優しい活動を実践しています。今後もこうしたイベントを通じた取り組みなどを積極的に推進することにより、多くの方々にリサイクルの素晴らしさを伝え、身近に感じていただくことを通じて、「地球環境に優しい企業」であり続けたいと考えています。

*1「サブイボマスク」: 映画初主演のファンキー加藤氏(歌手)が、熱すぎる魂を持ち、感動で“心のトリハダ”を呼び覚ます謎のシンガー・サブイボマスクを演じ、“町おこし”ならぬ“人おこし”を行うハートフル“自虐”コメディー映画。

*2「エコペット®」: 回収された使用済みペットボトルを原料として、帝人グループのマテリアルリサイクル技術により再生したポリエステル繊維。衣料品から産業資材まで幅広い用途に使用されており、原料に新たな石油を使用せず、資源を有効活用することにより環境負荷低減に貢献することができる。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。