2016年11月10日

水を滑らせ、雨を避ける 新発想の高撥水性ファブリック

「ミノテック™」の開発と販売について

帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市中央区、社長:日光 信二)は、このたび、高い撥水性を実現した新しいアウター衣料用素材「ミノテック」を開発し、販売を開始します。また、中国向けのブランドを「蓑技」とし、日本・中国の両市場において積極的に販売展開していきます。

 

このたび販売を開始する「ミノテック」は、古来の雨具「蓑」からアイデアを得て開発された、水を滑らせ、雨を避ける新発想の撥水ファブリックです。近年は梅雨の時期だけでなく、年々増加傾向にある突然の豪雨などに対応するファッションアウターに対する消費者ニーズが高まっていますが、そうしたニーズに応えるため、傘生地用として展開していた機能素材をベースに、ファッション用として風合いを高めました。これにより着用時には水滴が転がり落ち、常にカラリとした状態を保ち、着用者にこれまでにない快適性を提供することができます。

 「ミノテック™」日本展開ブランドロゴ

1.「ミノテック」の特徴

  • 高い撥水性
    生地表面の縦方向に水滴を流す構造、横方向に水滴の表面張力を低減するための凸構造を配したマイクロガーター構造により、水滴を転がり落とします。初期撥水性は4級以上、耐久撥水性は30回洗濯で3級以上、耐水圧は300mm以上となっています。
  • 優れた透湿性
    ラミネート加工がないので、汗によるムレを衣服内部から外へ放出し、衣服内を快適に保ちます。

 マイクロガーター構造


2.「ミノテック™」の商品開発

ファッションアウターやレインコート向けだけではなく、より消費者ニーズに応える商品企画を積極的に提案していきます。
 

3.販売計画

2017年春夏向けに販売を開始し、初年度(2016年度)は1億円、3年後(2018年度)には20億円の売上を目指します。


なお、11月17日から18日に開催される帝人フロンティアの総合展示会(*)において、「ミノテック」のファブリックと製品サンプルを展示する予定です。

(*) 総合展示会 : 東京都港区北青山の「TEPIA」にて開催。2017年秋冬向け素材70点、製品350点を展示予定。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。