2016年12月 8日

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」として認証されました

帝人株式会社は、このたび大阪市が実施する「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証事業において、最高ランクの評価である「二つ星認証」、および男性の育児参加支援に積極的に取り組む企業として「イクメン推進企業」に認証されました。

大阪市では、超高齢化社会を迎えて労働力人口が減少傾向にある中、結婚や出産を機に離職する女性が多い状況を受けて、「意欲のある女性が活躍し続けることができる組織づくり」「仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援」「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」を積極的に推進する企業を「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」として認証しています。

一方、当社は2000年に女性活躍推進室(現 ダイバーシティ推進室)を設置して以来、性別・年齢・障がい・国籍・人種などに関わらず、多様な人財が能力を最大限に発揮できる制度や企業風土づくりに注力しており、中期経営計画においても「ダイバーシティの加速」を掲げています。

こうした中でこのたびの認証は、女性管理職を180人へと倍増させる目標を設定したことや、選抜した女性管理職候補者を育成する研修の実施、730日の介護休職を分割取得することができる制度や、子供が産まれた際に男性社員に育児休職の取得を促す取り組みなど、仕事と家庭の両立施策に注力していることが認められたことによるものです。

帝人グループは、このたびの認証取得を契機として、今後も一人ひとりの社員が能力や意欲を最大限に発揮して活躍できる企業グループを目指し、さらに取り組みを推進していきます。

【参考】帝人グループにおけるダイバーシティ推進の成果例
■ 育児休職取得者の増加率 : 1999年度対比  約5倍
■ 男性の育児休職取得者数 : 2006~2015年度実績  約400名
■ 女性管理職の増加率 : 1999年度対比  約11倍

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。