2016年12月 9日

「KAIKA Awards 2016」の特別紹介事例に選出されました

帝人グループが取り組んでいる、社員のアイデアを掘り起こし表彰・実現する企画「One Teijin Award」が、一般社団法人日本能率協会の「KAIKA Awards 2016」において特別紹介事例として選出されました。

「KAIKA Awards」は、社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりを行う取り組みを表彰する制度です。その中でこのたび選出された「特別紹介事例」は、テーマの重要性や取り組みの独自性を持つ事例で、かつ日本社会の活力向上につながる特色ある取り組みを評価するものです。

帝人グループは“One Teijin”を合言葉に、組織や事業、地域、国境を越えてグループ一丸となることにより、事業の融合による新事業創出や、顧客に対するより一層のソリューション提供の実現を目指しています。「One Teijin Award」は、それらに向けた取り組みの一環として、グループ内の連携強化や新事業創出につながるアイデアや活動を国内外の全てのグループ社員から募ることで、社員一人ひとりの優れたアイデアの掘り起こしを図り、その中から優れたテーマを表彰する企画です。そして、中でも特に優れたテーマについては、アイデア実現に向けた検討チームが正式に組織されることになっています。

「One Teijin Award」は、2014年度の活動開始以降、日本のみならず、米国、ドイツ、中国、タイ、ブラジルなど、全世界のグループ社員約2,000名から様々なアイデア応募があり、既にいくつもの優秀テーマが生まれています。

帝人グループは、このたびの特別紹介事例として選出を契機として、これまで以上に“One Teijin”として一丸となり、新事業創出や顧客に対するソリューション提供に向けて取り組んでいきます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。