2017年1月16日

世界最大のコンクリート専門展示会

「World of Concrete 2017」に出展します

帝人フロンティア株式会社は、1月17日~20日に米国ラスベガスのLas Vegas Convention Centerで開催される「World of Concrete 2017」に出展します。当社が本展示会に出展するのは初めてのことです。(展示ブース:N3062)
「World of Concrete」は、毎年開催されている世界最大のコンクリート専門展示会で、世界中のコンクリート用建築資材やコンクリートミキサー、建築機械などが一堂に展示され、今回も6万人以上の来場が見込まれています。
このたび出展するのは帝人グループが展開するパラ系アラミド繊維「テクノーラ」を使用した製品です。「テクノーラ」は耐衝撃性、耐疲労性、耐湿熱性、耐薬品性などに優れており、その特性から耐震補強など「安心・安全」に関する用途への展開が進んでいます。
帝人グループは「安心・安全・防災」を今後のビジネス機会の1つとして掲げており、構造物強化素材や劣化診断サービスなどの開発・展開に注力しています。このたびの出展を契機として、米国において潜在的な市場として見込まれるインフラの整備や老朽化対応などに焦点を当て、米国を中心にグローバルでのプレゼンス向上と新規顧客獲得を目指していきます。

【主な出展内容】

■「テクノーラ®」シート
高強度、高弾性率といった特性を有する「テクノーラ」を一方向に織った繊維シートです。橋脚、高架柱などの耐震補強や劣化対策、およびトンネルの覆工面の補修・補強などの用途に使用することができます。
■「テクノーラ®」ロッド
コンクリートの補強材である鉄筋や鋼材と同等以上の強度を有するとともに、重量は同性能の鋼材の半分程度であることから、軽量化と補強の両立を実現する代替材料として活用できます。
■「テクノーラ®」チョップド・ファイバー
「テクノーラ」の長繊維糸にエポキシ樹脂を含浸して硬化し、カットした補強材です。モルタル、コンクリートに少量添加することにより、コンクリートの耐久性を向上させることができます。
■「テクノーラ®SAMMシート®」
「テクノーラ」の繊維束をメッシュ状に配置したシートです。橋梁など新設のコンクリート建造物の表面部分の剥落防止に活用できます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。