2017年2月24日

「火力発電EXPO」に出展します

帝人エンジニアリング株式会社は、3月1日~3日に東京ビッグサイト(東京江東区)で開催される「次世代火力発電EXPO」に出展します。(展示ブース:W23-74 )

当展示会は、低炭素社会実現に向けて近年注目を集めている高効率で環境負荷の少ない次世代火力発電システムや、発電プラントの建設・保守運用に必要な制御システム、エンジニアリング技術、プラント部品、タービンボイラーなどを一堂に集めた展示会で、日本で開催されるのは今回が初めてのことです。

帝人エンジニアリングは、このたびの出展を通じて、エネルギーの効率的供給、地球環境汚染対策など、エンジニアリング・ソリューションの提案を推進していきます。

【主な出展内容

■コージェネレーションシステム
ユーザーとして培ってきたエンジニアリング力を活かして、ボイラー、ガス、ディーゼルエンジンの排熱を利用した最適な発電システム(コージェネレーション)を提案し、据え付け工事、立ち上げまでを含めたトータルで効率的なエネルギー運用を支援します。

■湿式排煙脱硫装置、乾式排煙脱硝装置
産業界で広く使用されているボイラー、エンジンなどから発生する排煙中に含まれる汚染物質(SO2、NOX)を高効率で低下させる装置です。水酸化マグネシウム法では国内最大級の処理能力の実績を有し、環境汚染物質の排出を大幅に削減することで地球環境保全に貢献します。

■シェルアンドチューブ式熱交換器
シェル(胴体)に多数のチューブ(伝熱管)を収めた熱交換器で、産業用として液体や気体などの加熱・冷却・蒸発・凝縮に使用される装置です。チューブ振動防止、広範な国内外規格や特殊材にも対応可能で、熱交換器に特化したメンテナンス技術により熱交換器のライフサイクルを支えます。

■「ナノフロント」使用バグフィルター
粉体の製造・回収・利用、および工程外への粉塵排出低減のために使用するフィルターです。粉体・粉塵の捕集性能が高く、圧力損失が低く、目詰まりも起こりにくいため、省エネ、長寿命化の実現や環境汚染物質の排出削減に貢献します。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。