2017年7月10日

ダイバーシティ推進に優れた企業として評価

「MSCI日本株女性活躍指数」に選定されました!

帝人株式会社は、このほど、世界的な金融サービス企業であるMSCI社が展開する「MSCI日本株女性活躍指数」の構成銘柄として選定されました。

この指数は、「ダイバーシティ推進に優れた企業は、将来的な労働人口減少に伴う人材不足というリスクにより良く適応でき、長期的な収益持続性が期待できる」という考えのもと、日本株における時価総額の上位500銘柄から、業種別にダイバーシティ推進に優れた銘柄を対象として構築されるものであり、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によって今月から開始されたESG投資のための指数として選定されています。

帝人グループは、2000年に女性活躍推進室(現・ダイバーシティ推進室)を設置して以来、性別・年齢・障がい・国籍・人種などに関わらず、多様な人財が能力を最大限に発揮できる制度や企業風土づくりに注力しており、中期経営計画においても「ダイバーシティ推進」を掲げ、「女性役員10名以上」「女性管理職を現状の3倍増」といった10年後の数値目標を設定しています。このたび選定されたのは、こうした帝人グループの長年にわたる取り組みが評価されたことによるものです。

この指数の他にも、帝人グループは国際的なSRI(社会的責任投資)指標である「FTSE4Good Index」「ETHIBEL EXCELLENCE」「Dow Jones Sustainability Indexes」、GPIFのESG投資のための指数である「FTSE Blossom Japan Index」「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」などにも選定されています。

このたび選定されたのを契機として、今後も一人ひとりの社員が能力を最大限に発揮して活躍できる企業を目指し、さらにダイバーシティ推進に取り組んでいきます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。