2017年10月 5日

「危機管理産業展2017」に出展します

帝人グループは、10月11日から13日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「危機管理産業展2017」に出展します。(ブース番号:4A23)
「危機管理産業展」は、危機管理に関する製品・技術・サービスを提供する国内外の様々な企業や団体が一堂に会する、危機管理関連産業の国内最大級の展示会です。
帝人グループは、社会の抱える問題解決に貢献する企業を目指しており、「安心・安全・防災」のソリューション提供に注力しています。このたびの出展を通じて、さらに「安心・安全・防災」に向けた素材・製品の提案を行い、新規顧客の開拓や販売の拡大を目指していきます。

【 主な展示内容 】
「スマート消防服」を用いた消防隊員の安全警報システム
帝人グループが開発を進めている、ウェアラブルデバイス内蔵の消防服を用いた、消防隊員の熱中症リスクなどに対する安全警報システムです。消火活動にあたる消防隊員の衣服内温度から予測される深部体温情報を、火災現場や消防本部の管理システムにリアルタイムで送信し、隊員の熱中症リスクを把握することが可能です。今回が初めての展示会出展となります。

「まるごと防災™」(室内被害軽減対策)
帝人グループおよび協力企業の防災関連製品をパッケージにして提案する室内安全対策プラットフォームです。当展示会では、緊急防災毛布「もうたんか」、高難燃カーテン「プルシェルター」などを展示し、大規模地震に際して想定される室内被害をいかに軽減させるかについて提案するとともに、室内の安全対策の重要性について紹介します。

アラミド繊維使用の安全防護製品
軽量で、作業性に優れる高度安全保護製品として、高い長期耐熱性や難燃性を有するメタ系アラミド繊維「コーネックス」を使用した難燃防護製品(防災服)を紹介します。製鉄所、発電所、建設現場などでの炉前、鋳造、溶接作業時に着用することで、炎や高温環境下での火傷から身を守ることができます。
 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。