2017年10月30日

帝健が「緑十字展2017」に出展します

帝人フロンティア株式会社のグループ会社である株式会社帝健は、11月8日~10日に神戸国際展示場で開催される「緑十字展2017」に出展します。

今年で50回目の節目を迎える「緑十字展」は、働く人の「安全」「健康」「快適」に関連する機械・器具、技術、情報、ノウハウが紹介される、安全衛生分野では国内最大の展示会で、約15,000人の来場者が見込まれています。

帝健は、帝人グループの高機能繊維素材を使用した「健康・快適・防災・安全」などの関連製品を製造・販売しており、今回の展示会では、事故を防ぎ、人命を守り、快適な作業環境をつくることを目的に、メタ系アラミド繊維「コーネックス」、パラ系アラミド繊維「テクノーラ」「トワロン」を用いて開発した各種防護服や手袋などの製品を出展します。

帝人グループは、社会の抱える問題の解決に貢献する企業を目指しており、「安心・安全・防災」のソリューション提供に注力しています。帝健は今回の出展を通じて、展開する製品の認知度向上を図るとともに、安心・安全な社会づくりに貢献していきます。


【「緑十字展2017」開催概要 】
■日時: 11月8日(水) 10:00~17:30、9日(木) 9:00~17:00、10日(金) 9:00~15:00
■会場: 神戸国際展示場 1号館・3号館(神戸市中央区港島中町6-11-1)
■主催: 中央労働災害防止協会

【 主な出展内容 】(展示ブース:18)
■長期耐熱性や難燃性に優れる「コーネックス®」を使用した安全防護製品
消防関係や鉄鋼所、発電所、溶接工場における炉前作業、鋳造作業など、高温環境で働く作業者が着用し、炎や熱から身を守るための安全防護製品(防災服、作業手袋)を展示します。

■強度・防刃性に優れる「テクノーラ®」「トワロン®」を使用した特殊保護製品
自動車工場やガラス工場の製造工程や森林作業など、厳しい作業環境での使用を想定した、耐切創性を備え、軽くて作業性に富んだ特殊保護製品(作業服、耐熱手袋)を展示します。
 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

関連リンク