2017年11月 2日

2020年に向けてマルチマテリアルで量産バスに対応

トヨタ自動車の燃料電池バスにルーフカバー採用

帝人グループで炭素繊維・複合材料事業を展開している東邦テナックス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:乾 秀桂)が製造したルーフカバーが、このたび量産バスとして世界で初めて販売予定のトヨタ自動車株式会社の燃料電池バス(以下「FCバス」)に採用されました。

ルーフカバー FCバス

世界的な環境規制の強化が進む中、自動車の軽量化は不可避なニーズとして顕在化しています。中でも車両上部を軽量化することで、燃費効率に加え、車両の安定走行に寄与するとされています。特にバスの場合、その構造上、車体上部の軽量化が求められています。

こうした中で当社は、帝人グループでコンポジット製品の設計・成形加工を手掛けるジーエイチクラフト(本社:静岡県御殿場市、社長:郷家 正義)と基礎設計の段階から協業し、当社の高機能炭素繊維と量産ノウハウ、およびジーエイチクラフトの成形技術を融合することにより、外観性が高く、形状が複雑な大型一体部品であるルーフカバーの製造において、量産化を目指すトヨタ自動車のFCバスプロジェクトに参画しました。

そして当社は、CFRP(熱硬化性炭素繊維強化プラスチック)に加え、アルミや軽量エンジニアリングプラスチックなどを使用するマルチマテリアル化で対応し、高外観性、複雑形状、量産という顧客ニーズを満たす大型一体部品の製造に成功しました。

帝人グループは、本年1月に米国CSP社(Continental Structural Plastics Holdings Corporation)を買収し、Tier1サプライヤーとして、素材選定から部品設計に至るまでの提案力の強化を図るとともに、マルチマテリアル化に対応したソリューションプロバイダーとなることを目指しています。このたびのFCバスへのルーフカバーの採用を契機として、グループ内での協業を加速するとともに、自動車業界においてTier1サプライヤーとしてのプレゼンスの拡大を図っていきます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。