2017年11月 6日

ミャンマーで「CSRサプライチェーンセミナー」を開催

帝人フロンティア株式会社は、11月16日にミャンマーのインヤ レイク ホテル(ヤンゴン市)において、現地の縫製工場、物流・検品会社などを対象とした「CSRサプライチェーンセミナー」を開催します。

当セミナーは、帝人フロンティアが2012年より取り組んでいる「CSR調達」推進の一環として開催するもので、現地の取引先における法令順守と人権保護の徹底を目的としています。多くの日本企業が生産拠点を置くベトナムにおいては、既に2014年12月から5回の開催実績があり、同国における基本的な労働条件や労働法に関する講義の他、人身取引や児童労働に関する具体例の紹介などを行ってきました。

ミャンマーで初めての開催となる今回は、現地の法令や国際ルールを通して、製品やサービスを調達する側とされる側の双方からCSR調達の問題について考える機会を提供することにしています。

「CSRサプライチェーンセミナー」開催概要

日時 2017年11月16日(木) 9時~13時
場所 ヤンゴン市「インヤ レイク ホテル」
講演内容 (1)ミャンマー繊維工場の労働環境について

The Myanmar Centre for Responsible Business(MCRB)

(2)国際労働機関から見たミャンマーの現状
国際労働機関(ILO)

(3)国際社会における日本の役割
日本貿易振興機構(JETRO) アジア経済研究所

(4)ミャンマー労働法に関して
ミャンマー労働・入国管理・人口省 労働局(DOL)

帝人フロンティアは、素材の開発・調達から製品化に至るまでの一貫したバリューチェーンをグローバル展開しており、事業継続の観点からCSR調達を極めて重要な課題と捉え、社員研修をはじめ、海外取引先に対するアンケート調査や国内外での監査など、様々な活動を展開しています。こうした中で「CSRサプライチェーンセミナー」については、複数企業とのセミナー共催や異業種からの参加なども視野に入れており、今後さらにCSR調達の輪を広げていきたいと考えています。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。