2017年11月16日

快適性に蓄熱・保温機能をプラス

「ソロテックス®THERMO」の開発と販売

帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市北区、社長:日光 信二)は、プロモート素材であるポリトリメチレンテレフタレート繊維「ソロテックス」が持つ快適性に加え、蓄熱・保温機能を兼ね備えた新素材「ソロテックス THERMO」を開発しました。
11月16日・17日に東京都港区北青山の「TEPIA」で開催される帝人フロンティアの総合展示会(2018年秋冬向け素材を展示)において、「ソロテックス THERMO」のテキスタイルと製品サンプルを展示する予定です。

製品画像

生地


1.「ソロテックス®THERMO」の特長

  1. (1)
    高い快適性
    ソフトな風合い、美しいシルエットを保つ形態回復性、軽やかなストレッチ性などの特性を有しており、高い快適性を実現しています。
  2. (2)
    蓄熱・保温性を兼備
    太陽光の近赤外線を吸収して熱に変換することができる特殊な炭素系無機微粒子を繊維の分子構造に練り込んでいるため、太陽エネルギーを効率的に熱に変換することが可能です。光吸収保温試験*で「ソロテックス THERMO」と従来のポリエステル繊維を比較すると、体感温度に約5℃の差が発生することが実証されています。
    *光吸収保温試験: 一般財団法人ボーケン品質評価機構による温度測定試験。

従来のポリエステル繊維と比較した蓄熱・保温試験

2.今後の展開

  1. (1)
    帝人フロンティアは「ソロテックス THERMO」について、コートやジャケットなどのファッションアウター向けだけではなく、デニムやパンツ、ボトムなど、より消費者のニーズに応える商品企画を積極的に提案していきます。
  2. (2)
    当面はアウター向けを中心に販売を開始し、積極的に拡販を図ることにより、2018年度には80トン、2020年度には500トンの販売を目指します。
     
  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。