2017年12月 5日

「エコプロ2017」に出展します

帝人グループは、12月7日(木)~9日(土)の間に東京ビッグサイトで開催される、「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展」に出展します(展示ブース:2-001)。
本展示会は、約600の企業・団体が出展し、来場者数が17万人に及ぶ国内最大級の環境展示会です。
帝人グループは、本年2月に発表した中期経営計画「ALWAYS EVOLVING」において、社会の抱える問題の解決に貢献する企業を目指し、注力すべき重点領域の1つとして「環境価値ソリューション」を掲げています。こうした中、今回の出展では、本展示会の2大テーマである「地球温暖化と環境配慮」と「クリーンエネルギーとスマート社会」に沿って、帝人グループの「複合成形材料による自動車などの軽量化」および「リサイクル技術」について紹介します。


ブースイメージ
【 主な出展内容 】
■複合成形材料による自動車などの軽量化コーナー
帝人グループの炭素繊維複合材料など使用し、今年10月に開催された世界最大級のソーラーカーレースでオーストラリア大陸3,021Kmを完走した工学院大学ソーラーチームの最新車両「WING」を展示します。そこに搭載された帝人グループの環境技術を紹介し、さらに同チーム学生キャプテンが過酷なレースの裏側を紹介するトークショーも開催します。また、世界初のポリカーボネート樹脂製ピラーレスウィンドウや、本年1月に買収した米国CSP社が製造したシボレー「コルベット」の高外観で軽量の外板パーツも展示します。

■リサイクル技術コーナー
ペットボトルリサイクル繊維である「エコペット」の紹介ととともに、関連製品を展示します。また、今回で3回目となるアニメーションによる「環境教育」や「ワークショップ」を実施し、小中学生にもわかりやすく、親しみやすい展示を通じて、リサイクルおよびその社会的な意義に対する理解の深化を図ります。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。