2018年4月 9日

ダイバーシティハンドブック「together2018」を発行

帝人グループは、中期経営計画において「ダイバーシティの浸透」と「働き方改革」を掲げており、年齢や経歴、障がい、国籍、人種などに関わらず、社員が活躍できる組織風土への改革を進めています。こうした活動に関する啓発やPRの一環として、帝人グループは毎年ダイバーシティハンドブックを発行しており、このたび特集「私と会社をHappyにする働き方」を中心に、2018年度版として「together2018 ~それぞれの明日を創るために」を制作・発行しました。

1.主な内容

(1)巻頭提言「中原 淳 氏に聞く 人生100年時代の働き方改革」
「大人の学びを科学する」をテーマに学びと自己成長の関係を研究している、東京大学 大学総合教育研究センター准教授 中原 淳氏へのインタビューを掲載。多様性が求められるこれからの働き方や、自律的にキャリアを描き、それを実現していくための考え方などについて紹介しています。

(2)「働き方」座談会
エンジニア3人、研究員3人、それぞれの座談会の内容を紹介。各人が仕事の効率化、生産性向上のヒントと共に、自分らしい時間の使い方やポリシー、および個々の経験、学びや交流を通じて得た気付きとその実践などについて、エピソードを交えながら語り合っています。

(3)社員インタビュー「『わたし流』人生の描き方」
「これからの人生のビジョン」について、キャリアの全く異なる営業職社員2名に実施したインタビューを掲載。ライフステージによって異なる仕事や遊びへの意識や取り組みについて、それぞれが「自分のスタイル」を語っています。

(4)学びと交流の場「MIRAI-BASE」がオープン
2017年8月に帝人東京本社の27階にオープンした多目的オープンミーティングスペース「MIRAI-BASE」の活用事例などを紹介しています。

2.仕様

(1)体裁:A4版縦、12ページ、フルカラー

(2)発行部数:13,000部(国内グループ全社員、海外グループ会社の管理者に配布)

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。