2018年4月18日

アジア最大のプラスチック見本市

「チャイナプラス2018」に出展します!

帝人グループは、4月24日(火)~27日(金)に上海虹橋国家会展中心(中国・上海市)で開催されるアジア最大のプラスチック見本市「チャイナプラス2018」に出展します。(ブース番号:7.2S11)

長期ビジョンである「未来の社会を支える会社」に向けて「外部環境の変化を先取りして変革し続ける企業」を目指す帝人グループは、19回目となるこのたびの出展において、「高機能化による顧客課題の解決」「帝人ならではの素材・技術による高機能製品の提供」「多素材と加工技術の組み合わせによるソリューションの提供」をコンセプトに製品や取り組みを紹介します。また、昨年初めて開催し、好評を得たブース内でのセミナーを今回も開催することにしており、帝人グループの優れた加工技術や、部品提供型のソリューションビジネスについてアピールします。

【主な出展内容】
■ 高機能化による顧客課題の解決
カメラレンズに対応した高屈折率ポリカーボネート(PC)樹脂、鉛筆硬度Hレベルに相当する表面高硬度PC樹脂、LED照明に欠かせない光拡散性PC樹脂、および耐熱性や耐薬品性に優れるPEN樹脂「テオネックス」などを紹介します。

■ 帝人ならではの素材・技術による高機能製品の提供
アラミド繊維、炭素繊維など帝人のユニークな素材で高機能化したPPSコンパウンド「ソルフィガ」をはじめ、最近リン系難燃剤として注目されている「ファイヤガードFCX-210」の特長や用途例などを紹介します。

■ 多素材と加工技術の組み合わせによるソリューションの提供
重さがガラスの半分で、高い耐衝撃性を有し、大型でありながら歪みが少なく、高い視認性を確保するPC樹脂「パンライト」製の自動車窓を展示し、ガラス並みの耐摩耗性や優れた耐候性を付与するコーティング技術などを紹介します。また、医療用途や住宅用途など、様々な分野に求められる高耐熱性や高強度を有するPC/PPコンパウンド樹脂などを紹介します。
 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。