2018年4月27日

日本在宅医学会で「バイタルリンク」を紹介

帝人ファーマ株式会社は、4月29日(日)・30日(月)にグランドプリンスホテル新高輪 国際館 パミールで開催される「日本在宅医学会 第20回記念大会」においてランチョンセミナーを共催し、多職種間での効率的な患者情報共有システム「バイタルリンク」の運用事例を紹介します。

本大会は、医師を中心とする在宅医療系の学会として最大の日本在宅医学会が主催する学術集会で、第20回記念大会となる今回は例年の約1.5倍の規模で開催され、医師、看護師、ケアマネージャーなど様々な職種から数千名規模の参加が見込まれています。

その記念大会の中で、帝人ファーマは「日本在宅医学会 第20回記念大会」とランチョンセミナーを共催し、2014年に富山県で開業して以降、年間50人以上の在宅看取りを行っている「やまだホームケアクリニック」の理事長である 山田 毅 先生 に、多職種連携でのコミュニケーションツールとして「バイタルリンク」を活用した事例を紹介いただきます。また、地域包括ケアシステム構築の支援など、ヘルスケア業界のコンサルティングで著名な 大石 佳能子 氏(株式会社メディヴァ 代表取締役)を座長として迎え、在宅医療の今後のあり方についてお話しいただきます。

【 ランチョンセミナーの概要 】

日時 2018年4月30日(月・振替休日) 12:20~13:20 
会場 グランドプリンスホテル新高輪 国際館 パミール 第7会場(1階「暁光」)
座長 株式会社メディヴァ 代表取締役  大石 佳能子 氏
演者 医療法人社団すまいる やまだホームケアクリニック 理事長 山田 毅 氏
テーマ 多職種連携とコミュニケーションツール

帝人ファーマは、在宅医療事業で培ったノウハウを活かし、今後も地域包括ケアの分野におけるサービスの開発や提供を通じて、医療関係者の支援および患者さんのQOL向上に貢献していきます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

     

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。