2018年9月19日

山形県米沢市で創立100周年記念イベントを開催

帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)は、本年6月17日を以って創立100周年を迎えました。それを記念する取り組みの一環として、9月29日(土)に当社発祥の地である山形県米沢市において、同市との協業によるイベントを開催します。
当日は、午前中に当社発祥にゆかりの「人繊工業発祥之地」の石碑がある御成山公園内において、米沢市の 中川 勝 市長をはじめとする来賓および当社経営陣が出席して碑前祭を実施します。そして午後からは、米沢市の文化施設である「伝国の杜」(米沢市丸の内一丁目2番1号)内に場所を移し、米沢市長と当社社長の 鈴木 純 による挨拶に続き、以下のイベントを開催します(入場無料)。

帝人グループはこれらのイベントを通じて、米沢市民の皆さまや、長年にわたり当社を支えていただいた取引先の皆さまなどに対し、創立100周年を迎えての謝意を伝えるとともに、繊維に関連する新たな可能性を発信します。

1.米沢協業プロジェクト

帝人グループは創立100周年に際し、グローバルメッセージとして「FUTURE NAVIGATON」を発信しました。これは、まだ見ぬ未来の人の豊かさを見据えた「人があるべき未来へ」の案内役として存在し続けることを目指す、次の100年に向けたメッセージです。帝人グループはこの「FUTURE NAVIGATON」に沿って、米沢市とともに「繊維」にまつわるプロジェクトを展開し、プロジェクトを通じて地域活性化の一躍を担い、人間の未来のQOL(Quality of Life)向上のための「未来の繊維」を見出していきます。

  1. (1)未来せんいアワード
    100年前、当時における「未来の繊維」として化学繊維の発祥した米沢の地で、再び「未来の繊維」を生み出すべく「未来せんいアワード」を実施します。
    繊維産業が盛んな米沢市の地域特性を活かし、「人間にとっての未来の繊維」をテーマとして広く公募を行い、優秀作品の展示や発表を行います。繊維、服、生地などの作品を募る「テキスタイル部門」「製品部門」と、未来のファッションに関する絵画を募る「絵画部門」を設定し、子供を含む多くの方々の作品を紹介します。
    【作品展示】
    ■ 時間: 10:00~16:00
    ■ 会場: エントランスホール
    【授賞式】
    ■ 時間: 15:20~15:50
    ■ 会場: 置賜文化ホール
     
  2. (2) 山形大学教授 城戸 淳二 氏 による講演
    1993年に世界で初めて白色有機ELの開発に成功した 城戸 淳二 氏 をお招きし、「挑戦と創造の町 米沢」と題してご講演いただきます。
    ■ 時間: 13:40~14:35
    ■ 会場: 置賜文化ホール
     
  3. (3) よねざわ市民ミュージカル「Faith(フェイス)」
    帝人の創業者の一人である 秦 逸三 が、人造絹糸(レーヨン)の発明に命をかけた挑戦ストーリーのミュージカルを上演します。
    ■ 時間: 14:50~15:20
    ■ 会場: 置賜文化ホール

2.化学を感じる展示

現在の最新繊維の機能を体験することを通じ、化学の面白さをわかりやすく伝えるワークショップを実施します。当日、会場では、撥水素材を使用した水が転がる仕掛けの装置で遊んだり、軽量素材を使用したランドセルと従来のランドセルの重さを比較するなどの体験を楽しむことができます。また、ワークショップ参加者には、もれなく帝人の100周年記念ロゴがプリントされたオリジナルトートバッグをプレゼントします。
■ 時間: 10:00~16:00
■ 会場: ピロティ
 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。