2018年10月 3日

フェブキソスタットが中国で輸入薬品承認を取得

帝人ファーマ株式会社は、自社創製した高尿酸血症・痛風治療剤「フェブキソスタット」(一般名・中国販売名「非布司他片」、登録商標「FEBURIC®(菲布力)」)について、このたび、中国の国家薬品監督管理局(NMPA)より輸入薬品承認を取得し、同剤の20mg、40mgの規格に「痛風患者における高尿酸血症治療」の適応が認められました。当社は、現地で販売委託契約を締結しているアステラス製薬(中国)有限公司と連携し、2019年初頭の販売開始に向けて準備を進めていきます。

中国で実施された疫学調査の結果によると、中国国内の痛風の患者数は全人口の1.1%(約1,500万人) 、その主因となる高尿酸血症の患者数は、全人口の13.3%(約1.8億人)に上ると推定されており* 、治療選択肢の多様化のニーズが高まっています。こうした中で、当社は「フェブキソスタット」をグローバル戦略品と位置づけ、世界第2位の医薬品市場である中国での上市に向けて2010年よりアステラス製薬(中国)と取り組んできた結果、このたび承認取得に至りました。
* 出典: Liu R, et al. Biomed Res Int. vol. 2015, Article ID 762820

「フェブキソスタット」は、世界的に治療薬の種類が少なかった高尿酸血症・痛風治療の領域において、約40年ぶりに当社が開発に成功した医薬品です。1日1回の服用で、腎機能が軽度から中等度低下した患者さんも用量調節をせずに服用することが可能であることから、中国においても新たな選択肢として、患者さんの治療に貢献することが期待されます。

現在、当社は米国や欧州、中国、東南アジア、中東など100以上の国や地域において「フェブキソスタット」の独占販売契約を締結し、既に77か国(2018年9月現在)で販売しています。今後もこうしたグローバル展開に注力するとともに、「フェブキソスタット」の価値向上に向けて臨床研究の支援や疾患啓発などの活動を行い、世界中の患者さんのQOL向上に貢献していきます。
 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
     

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。