2018年12月 5日

「エコプロ2018」に出展します

帝人グループは、12月6日(木)~8日(土)に東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2018~SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」に出展します。(展示ブース:5-044)
今回の出展では、本展示会のテーマである「SDGsの推進」に沿って、ソーラーカーによる南極点到達プロジェクトへの支援活動、プラスチック海洋ごみ問題解決に向けた取り組み、およびリサイクル技術について紹介します。

ブースイメージ

【 主な出展内容 】
■ソーラーカーによる南極点到達プロジェクトへの提供素材・製品
帝人グループは、ソーラーカーにより南極点到達を目指すプロジェクト「Clean 2 Antarctica」(C2A)の活動に賛同し、全面的な支援活動を行っています。その環境配慮型ソーラーカーに使用している軽量・高強度のパラ系アラミド繊維「トワロン」および「テクノーラ」、高機能ポリエチレンテープ「Endumax(エンデュマックス)」、炭素繊維「テナックス」、ポリカーボネート樹脂「パンライト」、およびその製品を展示します。

■プラスチック海洋ゴミ問題解決に向けた取り組み
プラスチック海洋ごみ問題は、海洋汚染や食物連鎖を通じた生物・生態系への悪影響が深刻な問題となっており、世界的に関心が高まっています。これに対する帝人グループの取り組み姿勢を示すとともに、海岸清掃活動とペットボトルリサイクルの組み合わせによる啓発活動などの取り組み事例を紹介します。

■環境教室
ペットボトルリサイクル繊維である「エコペット」および関連製品を展示するとともに、今回で4回目となるアニメーションによる環境教育やワークショップを実施し、未来を支える子供たちの、リサイクルおよびその社会的な意義に対する理解の深化を図ります。
 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。