2018年12月25日

アラミド繊維が「シャープ AQUOS zero」に採用

帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)が展開するパラ系アラミド繊維「テクノーラブラック」が、このたび、シャープ株式会社(本社:堺市堺区、会長兼社長:戴正呉)のスマートフォン「AQUOS zero」の背面パネルに採用されました。

「AQUOS zero」背面パネル画像

「AQUOS zero」は2018年12月21日に発売されたフラッグシップモデルで、バックパネルに「テクノーラブラック」、ディスプレイに有機EL、筐体フレームにマグネシウム合金を使用することにより、画面サイズ6インチ以上、電池容量3,000mAhを超える防水(IPX5以上)対応のスマートフォンにおいて約146gという世界最軽量を実現しています。

「テクノーラ」は、帝人が開発した共重合タイプのパラ系アラミド繊維で、同一重量において鉄の8倍の強度を有し、耐衝撃性、耐熱性にも優れ、ロープ、エンジンのタイミングベルト、競技用車両のシートやボンネット、航空宇宙用途などに幅広く採用されています。そして、このたび「AQUOS zero」のバックパネルに採用された「テクノーラブラック」は、「テクノーラ」の紡糸段階で顔料を混練させたもので、耐候性の高さから、消防服やヨットセールなど屋外で使用される製品への採用が進んでいます。

こうした特長を有するアラミド繊維を複合した強化プラスチックは、軽量であるとともに、絶縁性があり誘電率が低いため電波障害が起こりにくいことから、高速通信化が進むモバイルデバイスへの貢献が期待されています。特に「テクノーラブラック」は、アラミド繊維が持つ特性に加え、耐候性と意匠性にも優れていることから、このたびの採用に至りました。

これからも帝人は、「未来の社会を支える会社」になるという長期ビジョンの実現に向けて、多彩な高機能素材を活用し、様々な分野に向けてソリューションを提供していきます。

【 参考 】帝人のアラミド繊維について
アラミド繊維は、一般的に高強力、耐熱性、寸法安定性、耐薬品性などの特性を持つ高機能繊維の1つで、パラ系とメタ系の2種類に大別されます。パラ系アラミド繊維は、特に強度、防弾・防刃性などに優れ、主として防護衣料、自動車のブレーキパッドなどの摩擦材やタイヤの補強材、光ファイバーケーブルの補強材などに使用されており、今後も安定した市場成長が見込まれています。帝人グループは、オランダ・エメン市で生産する「トワロン」と、愛媛県松山市で生産する「テクノーラ」で世界市場の約2分の1を占めています。一方、メタ系アラミド繊維は、長期耐熱性や難燃性に優れ、耐熱フィルターなどの産業資材、および消防服などのユニフォームに使用されており、帝人グループは山口県岩国市で生産している「コーネックス」を展開しています。さらに2015年8月には、防護衣料のグローバルでの需要獲得推進を目指し、タイ・アユタヤ県において、世界最高レベルの熱防護性と安定した高い染色性を有する新規メタ系アラミド繊維「Teijinconex neo」の生産を開始しています。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
     

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。