樹脂・難燃剤・添加剤

ポリブチレンナフタレート(PBN)樹脂

摺動性

試験条件

  対同材質 対鋼
荷重 5kg/m2 5kg/m2
速度 0.2m/sec 0.5m/sec
走行距離 180m 450m

耐薬品性

有機溶剤

薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
エチレンジアミン A A A D D D
エタノール A A A A A A
酢酸エチル A A A B B B
トルエン A A A A A B
アセトン A A A D C B
キシレン A A A A A A

アルカリ(PH14)

薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
アンモニア水 28% A A A A D A
水酸化Na 10% A A A A B A
水酸化Na 30% A A A A B B

酸(PH1)

薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
ギ酸 A A A B C C
酢酸 A A A A B B
濃硝酸 D D D D D D
濃塩酸 A A A B B B

その他、還元剤、酸化剤

薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
過酸化水素 30% A A A A A A
次亜塩素酸Na A A A A A A
塩化Na飽和水溶液 A A A A A A
A
変化なし(重量変化1%以下、引張破断強度保持率95%以上、外観変化なし)
B
若干の変化有り(重量変化率1%~10%、引張破断強度保持率95~70%、外観変化)
C
変化大(重量変化 10%以上、引張強度保持率70%以下、外観変化大)
D
溶解

PBN樹脂の成形について

1.成形装置

通常の射出成形機、金型で成形可能です。押出、切削加工も可能です。

2.成形操作

  1. (1)予備乾燥

    成形の前にペレットの乾燥を必ず実施してください。
    最適乾燥条件は、140℃で3~5時間です。(熱風乾燥機使用)

  2. (2)成形条件

    成形条件は、個々の製品にあったものが必要であるため、詳細はそれぞれの製品について設定をお願いします。

    1. 樹脂温度

      270℃~300℃で成形可能です。好ましくは275℃~295℃で成形をお願いします。

    2. 射出成形

      通常600~1200kg/cm2の範囲で射出成形できます。しかし残留応力やバリの発生を避ける為、1000kg/cm2以下で射出成形できるよう、他の条件を調整してください。

    3. 射出速度

      中速~高速が適しています。

    4. 金型温度

      30~140℃の範囲で射出成形できますが、通常は60~120℃の金型温度で良好な成形品が得られます。
      高温での成形品を使用する場合、あるいは厳密な寸法精度が要求される場合には、金型温度の高い方が良い結果が得られます。