樹脂・難燃剤・添加剤

ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂

ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂は、透明性や強度に優れ、ガスバリア性が良いことから、容器包装や工業用部材、各種シートなどさまざまな用途で使用されています。
当社では、チタン化合物を触媒に用いたグレードを新規に開発し販売しています。さらには、アンチモン化合物を触媒として使用したグレードも販売しています。

特長

当社PET樹脂の特長は以下の通りです。詳細はお問い合わせください。

チタン触媒PET樹脂

  1. 1.チタン金属は、従来からPET樹脂の製造に触媒として使用されているアンチモン金属やゲルマニウム金属のように特定の地域に偏在する希少金属ではなく、安価で安定的に調達が可能です。
  2. 2.チタンは、歯科材料に用いられるように衛生的で安心な金属です。
  3. 3.チタン化合物は触媒活性が高いので、使用量を少なくする事ができ(アンチモン化合物の約1/20、ゲルマニウム化合物の約1/10)、焼却時の金属残渣も少なく地球に優しい製品です。
  4. 4.当社開発のチタン化合物触媒で作ったPET樹脂は明度が高く、アンチモン化合物触媒で作ったPET樹脂のような黒っぽさがありません。外観がきれいな成型品が得られます。
  5. 5.ホモPET樹脂から第三成分共重合PET樹脂まで幅広く取り揃えており、分子量も用途に応じて選択することが可能です。

アンチモン触媒PET樹脂

  1. 1.ホモPET樹脂に加え、第三成分を共重合することで透明性やガスバリア性など、さまざまな特性をもたせた特殊PET樹脂を、幅広く準備しています。
    また、分子量の低いものから高いものまで取り揃え、必要とする機械的特性や成形性等も選択することが可能です。